特定健診・特定保健指導

機関情報(特定保健指導)

特定健診とは?

メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)に着目した、生活習慣病予防の保健指導を行うための健康診査です。生活習慣を改善し、疾患を予防することを目的としています。

対象者…

医療保険(協会けんぽ・国民健康保険・共済組合健保・組合健保)に加入している本人(被保険者)とそのご家族(被扶養者)で、40歳〜74歳までの方が対象となります。

メタボリックシンドローム…

内臓脂肪の蓄積により、高血圧・高血糖・脂質異常症などが重複した状態のことです。放っておくと動脈硬化が進行し、心臓病や脳卒中等の病気を引き起こす危険性があります。

特定保健指導を受けましょう

特定健診の結果、生活習慣病のリスクをいくつか持っている方を対象に、生活習慣の改善のための保健指導を行っております。

スタッフ情報

自機関内
常勤 非常勤
医師 3人 6人
(上記のうち、日本医師会認定健康スポーツ医) 1人 0人
保健師 2人 2人
管理栄養士 1人 1人
看護師 1人 5人
健康運動指導士 1人 0人
臨床検査技師 0人 2人
事務職員 4人 6人

保健指導の実施体制

医師 保健師 管理栄養士 看護師
保健指導事業の統括者 常勤 常勤 常勤 非常勤
初回面接、計画作成、評価に関する業務を行う者 常勤(非常勤) 常勤 常勤 非常勤
積極的支援における3ヶ月以上の継続的な支援を行う者 個別支援 常勤 常勤 常勤 非常勤
グループ支援 常勤 常勤 常勤 非常勤
電話支援 常勤 常勤 非常勤
電子メール支援 常勤 常勤 非常勤

運営に関する情報

実施日及び実施時間 ・月~金曜日/8:30~17:30
・土曜日/8:30~12:00
・日曜・祝日/なし
実施地域 大分県内
実施サービス 情報提供、動機付け支援、積極的支援
実施形態 施設型、非施設型
継続的な支援の形態や内容 個別支援、グループ支援、電子メール支援、電話支援、運動実習
標準介入期間(積極的支援) 6ヶ月
課金体系 完全従量制(従量単価×人数)
標準的な従量単価 情報提供、動機付け 10,000 円以下/人、 積極的 25,000 円以下/人
単価に含まれるもの 教材費(紙類のみならず万歩計等機器類や血液検査キット等も含む)、通信費・事務費、一定回数の督促
単価に含まれない追加サービスの有無 特に無し
積極的支援の内容 1.合計180ポイント以上の継続支援を実施
2.運動施設を利用しながらの運動、栄養、保健指導を実施
救急時の応急処置体制
苦情に対する対応体制
保健指導の実施者への定期的な研修
インターネットを用いた保健指導における安全管理の仕組みや体制
特定健康検査の実施形態 施設型(要予約)、非施設型(要予約)

施設及び設備情報

受診者に対するプライバシーの保護
個人情報保護に関する規程類
受動喫煙対策 敷地内禁煙
健診結果の保存や提出における基準的な電子的様式の使用