学童保育 フレスコアミーゴ

アミーゴ移転のお知らせ

秋冷の侯 皆さまにおかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、このたび学童保育 フレスコ・アミーゴは2016年10月11日より下記に移転することになりました。新施設は、在宅総合ケアセンターの2Fになり、
これを機に、皆様の信頼にお応えできるよう倍旧の努力をしてまいる所存でございます。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

新事務所住所
〒879-7761 大分県大分市大字中戸次5111-1
ご連絡先
TEL 090-3415-0602
受付時間
平日 15:00〜18:00まで
土曜 9:00〜15:00まで

お仕事や様々な用事等で、ご多用な保護者の皆様の応援団としてお子様方をお預かりし、安全で健やかな活動場所を提供させていただいてます。
どなたでもご利用できます。お気軽にお問い合わせください。

アミーゴ理念 – Philosophy
心の健康豊かな心(思いやり・感謝の心得)
からだの健康InBody発育・および体力づくり
頭の健康知育(学習指導・考える力等)

学童保育とは

現在、全国の小学生約720万人の内、留守家庭児童は約360万人と言われています。

また、働く女性は年々増加し、女性の就業率はついに5割を越えました。その内、約7割が既婚女性であり、数十万余といわれる母子家庭、十万余といわれる父子家庭も増加しつつあります。
これらの働く親たちが、子どもの放課後の安全で、健全な生活を願うのは当然であり、ここに学童保育の存在意義があります。

学童保育の目的は、共働き・一人親家庭の子ども達に対する放課後の生活を守り、そのことを通して親の働く権利を守ることです。
今、子ども達は、成績によって細分化し競争させられる教育政策等のさまざまな仕組みのなかで、大きなストレス・苛立ちを抱えながら生活し育っています。

そして、モノと情報が溢れる消費社会のなかで、子ども時代に必要な時間、空間、仲間、文化が失われています。
今日、深刻な社会問題となっている青少年の犯罪なども、こうした教育のあり方、社会の状況と深くかかわっています。

また、近年、子ども達が地域で犯罪や事故・事件に巻き込まれるという大きな社会問題がクローズアップされています。
安全が保障され、安心して地域生活や家庭生活が送られる環境が必要とされています。

学童保育では、子ども達が異なった年齢の集団を形成し、上・下級生、高・低学年の垣根を乗り越え、本当に子どもの頃しかできない遊びや集団生活を通じて、自分で考え、生きる力や、他人を思いやる心を育てています。

私たちは、全ての子ども達の姿がこうあって欲しいと願っています。

所長(松本泰祐先生)の思い

Fresco Amigo(ゆかいな仲間)は、保護者が何らかの都合で家庭でみることが出来ない小学生に、遊びや生活の場を提供し、その健全な育成を図る事業であり、女性の就労支援、仕事と子育ての両立支援、児童の健全育成対策としてはじめました。

また、いつでもどこでも食べ物がある今日、成長期にふさわしい身長の伸びや体重の増加を促すためには、年齢に相当する適切な運動量と栄養が必要です。

そこで健診・健康増進センターでは社会貢献できることはないか、我々は何を伝えるべきなのかを考えてきました。
当法人の"天心"は天の中心、すなわち太陽を意味します。太陽は富める者も貧しき者も平等に照らします。

これは《患者さんを差別しない》という点と《子どもから老人まで》ということで、当法人の名称となっております。
また、地域の先輩方より将来を担っていく子どもたちに昔ながらの遊びや、物を作る楽しさを子どもたちに伝えることにより生きがいを感じてもらう等、子どもたちが広く社会に関わりを持ち、視野の広い子どもに育つようFresco Amigo(ゆかいな 仲間)をご用意させていただきました。